No320

Page :: No320 / Web版 / 02


 はじめに


元初の最高神

 表紙の色紙に「愛」という文字使わせて頂きました。元伊勢籠神社の第八十一代元伊勢籠神社、海部穀定(よしさだ)宮司様の書です。
 海部穀定宮司様の書かれた。『元初の最高神と大和朝廷の元始』という著書が、手元にあります。この内容は、簡単なものではありません。私は、何かの折という時に読ませていただくのですが、緻密な資料による極められた御研究に深く感動いたします。神道を知る上では、大切な著書と思っております。それは、日本の國を知るということにもなります。まず「まえがき」です。

 日本の上古史に、元初の神(天地開闢のはじめの神)として、その名が記されているのは、古事記によると、天之御中主神であり、日本書紀によると、国常立尊である。
 尤も、次に、高皇産霊尊、神皇産霊尊、或は、国狭槌尊などの名が見え、解釈によっては、之等の神々も、元初の神といえもするし、また、それに相違ないが、ここにいう元初の神とは、最初の一神を指してのことである。書紀の一書には、これを、ウマシアシカビヒコヂノ尊と云い、又、天之常立尊とも云っており、旧事本紀には、別に、これに該当する神名も見える。

 それら、元初の神々の信仰は、我国の上古に、信仰上、或は、生活上、如何様の様式或は状態で、民族と結びついていたのであろうか。
 又、その信仰は、何時頃から発生したものであろうか。
 これらの神々の御名は、特に、近代に於て、信仰上、宗教的に、急速に、一般大衆の関心を高め、所謂、宗派神道、或は、新興宗教のうちには、その信仰に基づくものが尠なくはない。にも拘らず、一般神社のうちには、これらの神々をお祭りしているところが極めて少なく、容易に発見することが困難であるとさえ云える状態にあるのは、何故であろうか。・・・

 古文書を読まれ、その事実を極めていかれる厳しい内容については、以前『倭姫命世紀』をこの著書から読ませていただいたときにも思ったことです。
 その海部穀定(よしさだ)宮司様の書かれた「愛」という字。この「愛」という書の奥には、海部家の始祖から伝わる心の流れが秘められているのでは、と、元伊勢籠神社にお詣りして感じる人を包み込んで下さるような暖かさ。
 ここは、不思議な親しさを感じさせて下さる神社なのです。

『元初の最高神と大和朝廷の元始』という著書に書かれている多くの古書を読まれて調べられたその根底には、海部家に伝わる国宝とされている系図があってのことを思います。
 この著書が、再版される折に書かれた文書に【最後に、吾に祖先累代の結晶である沢山の得難い資料を残し給い、今日の吾をあらしめ給うた八十代の祖宗の霊璽・・・】と言う文が書かれています。そのお心が伝わってくる著書です。

 この海部氏系図については、伴とし子氏が書かれた、新春特集【特集011】【国宝『海部氏系図』が古代史を書き換える】は(HP・No 233)に記載されています。







【新サイトの開設にともなう当サイトの扱い等について】
 2019年6月11日より新『小さなうつわのメッセージ』HPが開設されています。2019年6月以降の最新号(『折々の記』第58号以降)の閲覧は新『小さなうつわのメッセージ』にてご閲覧願います。
 それにともない当サイトは旧『小さなうつわのメッセージ』HPとして過去の更新などの閲覧として利用できます。
 これからも『小さなうつわのメッセージ』をよろしくお願いいたします。

≫ 新『小さなうつわのメッセージ』HP(https://tiny-pot.com/)(別窓で開きます)



【検索サイト(Yahoo!やGoogle等)を利用した際の、検索結果について】
 当サイト名等を検索した際に、その検索結果に当サイトの他に、まったく当サイトと関係ない広告目的(営利目的)のサイトが表示されることがあります。中には悪質な誘導サイトが含まれる場合があります。当サイトの検索ランクが高いためですが、それらの無関係なサイトは、当サイトとは一切関係ありませんのでご注意ください。また、そのような無関係のサイトを閲覧した場合は一切関知しませんのであらかじめご了承願います。(2011/04/16)
【ページのスタイル(デザイン)の自動変更について】
 2006/10/10からページのスタイル(デザイン)が自動的に切り替わる事があります。これはその時点でのサイト・スタイルに最適化されて作成されているためです。
 表示の異常等ではありませんのでご安心ください。
【表示について】
 このサイトはFirefoxでの表示に最適化されています。IEですと表示が乱れる場合がありますのであらかじめご了承ください。
 閲覧の推奨は、五十鈴さんの環境(フルHD1920x1080)を基準にしております。(2013/04)
【原版表示廃止のお知らせ】
 これまで当サイトではWeb版とあわせて原版も表示させていましたが、原作者の五十鈴さんと協議の結果、2006年9月25付更新分(No63)からWeb版のみの表示になりました。
 Web版の制作は、五十鈴さんがDTPで執筆して印字したもの(A4版の原版)を元に、なるべく原版と同じようになるように再現しております。そのため、通常のWebページの書式とは違ったレイアウト構成になっております。画面サイズによっては表示の乱れる場合がある点をあらかじめご了承ください。
 「五十鈴さんのオリジナルの原版が欲しい!」という方は、下記のお問い合わせメールアドレスにてお知らせください。(若干の印刷料や送料を負担していただくことになると思いますのであらかじめご了承ください)

mailto:tiny-pot@fruits.jp

お問い合わせ等はメールにてこちらまで。

 このサイトの内容のすべて又は一部の無断掲載や無断引用を禁止します。
 また、このサイトの内容のすべて又は一部の掲載や参照や引用の許可は、内容の性質上、各頁の枠単位ごとにすべて別々に許可申請が必要となりますので、予めご了承願います。
 各ページの著作権は、それぞれの原作者に帰属します。
リンクの登録は必ずhttp://awa.dee.cc/index.htmlでお願いいたします。
(各頁への直リンクは構いませんが、更新の都合で予告なく各頁のURLが変更されます)

http://awa.dee.cc/index.html リンクを登録するときは、
こちらのバナーをお使いください。

Produce by FULTAIP.


2180726